Loading...

なせばなる!

「なせばなる」

聞いたことのある人も多いと思いますが、この語源は、江戸時代、借金苦の米沢藩を立て直した上杉鷹山の言葉、

”なせば為る 成さねば為らぬ 何事も
成らぬは人の なさぬなりけり ”

やろうと思えば何でもできる。
できないのはやろうと思わないからだ。
やろうとすることは他人のためではなく、自分のためになる。

というものであります。

この上杉鷹山という人物は、江戸時代という封建制度の真っただ中、藩主(君主)は人民のために政治をするべきだ、という思想を掲げ、それを死ぬまで貫いたというお殿さまです。

わたしが日本史の中で好きな人物をと聞かれたら、真っ先に思い浮かぶ人物のひとりです。

「なせばなる」
鷹山公を思い浮かべれば、、人民のため、相手のためにやると決め、できると信じ、それを成し遂げること。
そしてそれをやろうとすることが、ひいては自分のためである。

ということではないかな?とも思います。

さぁ今日も頑張っていきましょう!なせばなる!!